国内初の天然染色技法がオーガニックコットンの世界を変える。最新のサスティナブルアンダーウェア。

独自の『天然染色100%技法』とは?

11月 18, 2022

独自の『天然染色100%技法』とは?

「革新的な天然染色技法」を採用

バンデージビューティクラブの天然染色は、過去にない、革新的な天然染色になります。古代の色調をわずかな原料で濃色に染めることを可能にした天然染色技法を採用しています。基本は”草木染め”と呼ばれる天然染色と同じ、草木などの自然由来成分を用いた染色技法ですが、他にはない新たに取り込んだ技法を用いることで超鮮明な色合いが実現されています。

 

わずかな原料で鮮明な色合いを可能にした

detail_20907_16084542909151.jpg

特別な「煮出し」技術によるもの

バンデージビューティクラブの天然染色は、特別に開発された天然染色技法で原料を煮出されていることで、抽出液の濃度が上がっています。染色に必要な原料は、布や糸の重さの20%~30%程度となり、一般の草木染めによる染色に比べコストダウンも実現された製品になります。

 

新たな「媒染法」も採用されている

「媒染」とは染色の過程において、染料を繊維に定着させる工程のことをいいますが、この工程でも新たな技術が採用された製品です。従来の天然染色では、染め重ねなど、何度も染めを繰り返すことで濃くしていました。またその分原料高にも繋がっていました。

それに対してバンデージビューティクラブの天然染色は、一度にの濃く染める媒染法が採用されていることで、染め重ねの手間と原料高が抑制されています。

 

また染色から媒染において、過去の天然染色と比較して複数の工程数が省かれることで、オーガニックコットン生地へのストレスも軽減させることができ、天然素材の優しいミルキーな肌触りを残したオーガニック製品をご提供することができています。

生地見せ.jpg BANDAGE beauty club とは 迫田和雄 SAKOTA KAZUO Sakota Kazuoと 吉田直二、NAOJI YOSHIDA, Naoji Yoshida, の二人が展開するブランド

 

染色に使用する主な天然染料

バンデージビューティクラブの天然染色は、「天然の材料」のみの使用で、そ

の材料は微紛糾して染料としています。

現在ブランドが天然染料として使用する主な材料になるのが下記になります。

 

 

 

 

天然染料の可能性があらためて広がる革新的な染料

いまや世界的に環境汚染が問題視されています。

アパレル製品の殆どは、染料の殆どが化学染料により製品化されており使用す

るインクの廃棄問題や廃水問題などを多く抱えており、環境への配慮がされて

いるとは言えません。

 

 

 

『バンデージビューティクラブの天然染色技法』は、石油系の合成染料は一切

使用せず、天然色素のみでプリントをする技術を採用している製品になりま

す。

使用する材料や補助剤に自然界に存在するものを使用しているため、廃棄の際

には自然に回帰します。

最新の技術を採用することで、"色の発色"や"廃水"の問題にも活かされていま

す。

『バンデージビューティクラブ』の染色プリントでは、天然染料による草木染

めでは再現しづらい豊かな色彩を再現でき、何度も染め重ねが必要になる濃色

も手間をかけずに再現することが可能な製品です。

また廃水に関しても、染液や媒染液ともに自然に回帰するものを使用すること

で環境に配慮しています。

従来の天然染料染めでは難しかったことを可能にした"最新の天然染料による染めの可能性"を製品を通してあらためて広げていきたいと思います。

 

 

BANDAGE beauty club

 

 

 


コメントを書く


Also in BANDAGE beauty club Blogs

『下着の素材選びは?』生活の中で使い分け!
『下着の素材選びは?』生活の中で使い分け!

4月 27, 2023

続きを読む

『オーガニックコットン』と『普通のコットン』の違い
『オーガニックコットン』と『普通のコットン』の違い

1月 06, 2023

続きを読む

肌に身に着ける『色選び』で運気も変わる?(カラー風水)
肌に身に着ける『色選び』で運気も変わる?(カラー風水)

12月 16, 2022

肌に身に着ける『色選び」で運気も変わる?(カラー風水)

続きを読む